検査事業

検査事業
ピンチアウトで拡大してご覧になれます

検査事業の概要

日本から中古自動車の輸出をする際の船積前検査業務(道路走行の安全性等の検査と土壌、動植物、昆虫等が車体に付着していないか等を検査する検疫)を株式会社日本輸出自動車検査センターが行っています。輸出対象国はニュージーランドはじめ14か国以上に上ります。また当社グループ以外からも受託しています。

一方、ニュージーランドにおける輸入車両検査業務および国内車検業務をVehicle Inspection New Zealand Limitedが行っています。

事業者向けの事業
ピンチアウトで拡大してご覧になれます

検査事業の特徴

1. 高い検査・検疫品質

1. 高い検査・検疫品質


1. 高い検査・検疫品質
株式会社日本輸出自動車検査センターでは、検査業務の能力、公平性、一貫性に関する要求事項を定めた国際標準規格のひとつであるISO/IEC17020認証を受けています。またニュージーランドの第一次産業省および運輸庁の認定機関となっており、運輸庁が定めた資格の保有者が多数在籍しています。

またVehicle Inspection New Zealand Limitedにもニュージーランド運輸庁に登録している車両検査員が多数在籍し、グループとして中古自動車輸出前と輸入後において高い検査・検疫品質を維持しています。

なお2018年に、ニュージーランドに入港した日本発の自動車運搬船において、ニュージーランドで害虫指定されているカメムシが発見されたことから、同国第一次産業省が検査・検疫ルールを厳格化しましたが、これに対応するために、輸出前の自動車に付着している害虫を高温で殺処理する熱処理施設(Heat Treatment)を当社グループで開発し、稼働させました。この施設は2019年11月に国内で特許登録され、現在、海外各国においても特許出願中です。
2. 当社グループ外へのサービス提供

2. 当社グループ外へのサービス提供


2. 当社グループ外へのサービス提供
株式会社日本輸出自動車検査センターは、当社グループが中古自動車を販売した中古自動車ディーラーのみならず、それ以外の自動車ディーラーの自動車も対象に検査・検疫のサービスを提供しています。 またVehicle Inspection New Zealand Limitedは、当社グループが販売した自動車以外の検査を行っています。
3. 業務の独立性確保

3. 業務の独立性確保


3. 業務の独立性確保
当社グループの検査事業(株式会社日本輸出自動車検査センター、Vehicle Inspection New Zealand Limited)では、自動車検査の独立性を最重要事項と位置づけています。利益相反規定を設けて従業員の行動規範に記載するとともに、雇用契約においては関連会社間での守秘義務及び自動車検査結果に影響を及ぼす可能性のある事項についての内部通告義務を明示しています。検査部門においては、グループ会社間といえども、情報を共有することはなく、高い中立性と業務の独立性を確保しています。

検査事業の状況

  • 売上高
    44.24億円
  • 従業員数
    262
  • バイオ検査台数
    88,441
※2020年3月期
「バイオ検査台数」は株式会社日本輸出自動車検査センターの輸出前バイオ検査(検疫)台数
オプティマス早わかり

オプティマス早わかり

みなさまに当社グループを素早くご理解いただくための、基本的な情報を掲載しています。当社グループの事業の特徴と強み、グローバルな展開、今後の成長に向けた取り組みなどについて簡潔にご説明しています。